【IT】約60時間を非常用電源設備で乗り切った石狩データセンターの奇跡

元スレ: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536573713/ 1: 田杉山脈 ★ 2018/09/10(月) 19:01:53.70 ID:CAP_USER  2018年9月6日に北海道を襲った震災により、停電状態に陥ったさくらインターネットの石狩データセンターに対し、9月8日ようやく電力供給が再開された。想定を超えた約60時間を非常用電源設備で乗り切り、インフラ事業者としての矜持を見せた石狩データセンターの「奇跡」について、改めてきちんと説明していきたいと思う。 卓越したオペレーション能力で「想定外」を「想定内」に  2011年11月に開設された石狩データセンターは、数多くのサーバーを収容するさくらインターネットの基幹データセンターになる。開設当時はソーシャルゲームの普及でサーバーの需要がうなぎ登りだったほか、環境に配慮したエコなデータセンターが求められていた。こうしたニーズに対応する石狩データセンターは、寒冷地のメリットを活かした外気冷却と東京ドーム1個分に相当する広大な敷地を用いたスケーラビリティが大きな売りだった。私も開設時と増設時で2回ほど現地に足を運んでおり、現地のエンジニアとも話をしている。同じデータセンターに2度訪れることなんてほぼないので、個人的にも思い入れが深い。  思い起こせば、なぜ石狩だったのか? 皮肉なことにその大きな一因は災害リスクが低いことであった。同社の石狩データセンターの紹介にも「石狩地域は、今後30年…

続きを読む

【運送】郵便配達、平日だけに 人手不足対応で総務省検討

元スレ: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1536660442/1: 田杉山脈 ★ 2018/09/11(火) 19:07:22.92 ID:CAP_USER 総務省は手紙やはがきなどの郵便物の配達を平日のみとする方向で検討に入る。今は土曜日も配っており、人手不足で配達員の負担が重い。郵便物数が大きく減り、土日の配達がなくても大きなサービス低下にならないとみている。早ければ2019年にも法改正する。民営化した日本郵政は企業価値の向上を求められており、配達見直しは効率重視への転機となる。  今の郵便法は全国どこでも週6日、月曜から土曜まで1日1回の戸別配達… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35219470R10C18A9MM8000/

続きを読む

スーパー駐車場を逆走、インチキ確保した車カス。殺人未遂で逮捕され社会ルールの厳しさを叩き込まれる

元スレ: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536664765/1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/09/11(火) 20:19:25.55 ID:HMMqUV4e0● BE:842343564-2BP(2000) sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif スーパーの駐車場所巡る喧嘩で…殺人未遂に発展の一部始終 https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180911-60077692-a_aaac  駐車場での“ささいなトラブル”が殺人未遂事件に発展した。  群馬県桐生市の大型スーパーで、駐車場所を巡るトラブルになった男性を車でひき殺そうとした殺人未遂の疑いで、小堀裕容疑者(42=同市)が9日、同県警に逮捕された。  小堀容疑者は8日夜8時30分ごろ、自宅から200メートルほどの「フレッセイ桐生南店」で買い物をするため、妻を助手席に乗せ、ミニバンで出かけた。  店は夜9時閉店だったため、急いでいた小堀容疑者は、129台ある駐車スペースの店舗入り口付近に停めようとした。  駐車場の入り口からは一方通行の指示に従い、場内を右回りに進まないと店舗入り口付近には行けないが、小堀容疑者はルールを無視し、駐車スペースを探していた。  被害男性の看護師Aさん(31)は、指示通り右回りに進んで4WDを停めようとしたその時、前方から小堀容疑者のミニバンが向かってきて強引に停めようと…

続きを読む

北海道大地震の教訓、家庭用ソーラー設置住宅は地域の英雄だった。一方メガソーラーは超絶クソだった。

元スレ: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536551909/ 1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [TR] 2018/09/10(月) 12:58:29.69 ID:F3AdC1ef0 BE:422186189-PLT(12015) sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif 九州電力は7日、電力の需給バランスが崩れることによる大規模停電を防ぐため、太陽光発電事業者や 風力発電事業者に稼働停止を求める「出力制御」を今月に実施する可能性があることを明らかにした。 出力制御が実施されれば離島を除けば全国で初めて。企業活動が少ない週末に冷房使用が減った場合、 天候によっては太陽光発電の供給力が電力需要を上回る恐れがあるとしている。 対象事業者は家庭用の出力10キロワット未満を除く約2万4千件、計425万キロワットで、 うち佐賀県は約2千件、25・4万キロワット。事業者には制御に関するダイレクトメールを6日に発送した。 電は気象予報や電力需給の見通しに基づき制御が必要か判断する。工場や企業の電力利用が減る連休中や 土日を想定し、午前9時~午後4時を予定する。出力抑制の回数に偏りが無いよう事業者を選定する。 九電は7日、ウェブサイト「でんき予報」で九州本土の出力制御見通しを掲載し始めた。 実施予定の3日前に告知、発電事業者は出力抑制の時間帯に送電網への接続を停止する。 電力の需給バランスが崩れると周波数が…

続きを読む